1958年生まれ、福岡県出身。早稲田大学卒業。泉放送制作に入社し、数多くの作品のディレクターやプロデューサーを務める。2001年『クリスマス・イヴ』で劇場映画監督デビュー。 その後、『ホ・ギ・ラ・ラ』(02)、『RANBU 艶舞剣士』(04/ゆうばり国際ファンタスティック映画祭出品)と続けて監督作を発表。2008年、鹿児島の遠泳を題材にした『チェスト!』を監督。同作は第8回角川日本映画エンジェル大賞を受賞し、香港フィルムマートの日本代表作品に選出された。その他の監督作に、ヨットレースに挑む少女たちを描いた『海の金魚』(10)、石川県の港町を舞台にアマチュアオーケストラの奮闘を描いた『リトル・マエストラ』(13/上海国際映画祭日本映画週間正式招待)、 宮崎県に伝わる神話を子どもたちのダンスで描いた『神話の国の子どもたち』(15)などがある。 
1967年生まれ、群馬県出身。早稲田大学第一文学部卒業。会社員生活の後、93年に集英社レディスコミック「YOU」の原作コンクールにて大賞受賞。同誌にて漫画原作者としてデビュー。96年、TBS愛の劇場「ラブの贈りもの」で脚本家デビュー。脚本を手がけた主なドラマに「ラブの贈りもの2」(97)、「虹のかなた」(04)、漫画原作に「ロータス・ガーデン」(00-03)、「ヒノエウーマン」(04)、「High」(06-07)、「Brush up!」(13)などがある。また、雑賀監督により映画化された『チェスト!』(08)の脚本と原作小説も手がけている。